*

3人に1人が鼻づまりに悩む!?NHKあさイチ「鼻づまり特集」

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 体に関すること

NHK「あさイチ」で“鼻づまり”特集が紹介されました。冬から春にかけて、風邪や花粉症で鼻がつまることがあります。

NHKネットクラブのアンケートでも、3人に1人が鼻づまりに悩んでいると回答していました。

放っておいて平気だと思っていませんか?

息苦しくて夜眠れなかったり、突然謎の激痛が走ったり、咳が止まらなくて怖くなったりと…決して侮れない”鼻づまり”、怖い真実を紹介します。

スポンサーリンク

 

【鼻づまり】

ある1人の女性、小学校のころからすでに30年間 鼻づまりが続いてきたといいます。

鼻づまりを解消しようとヨガや食生活の見直しなどもしてきましたが、解決にはいたらず 病院にも通いましたが、良くなったと思ってもすぐに元に戻ってしまいました。

そんな彼女は、子どものころから長い間ある悩みを抱えていました。

それは、”食事がつらい” 鼻で呼吸ができないため、口が塞がると息ができなくなるからです。

そのため食事は柔らかい物か飲み込みやすい物を、少しずつ食べるしかありませんでした。

彼女は、思い返せばニオイも分からない子どだったといいます。

口を閉じて鼻を使って呼吸するこが、慣れていなかったといいます。

だから、今思えば、”苦行”みたいな・・。

大人になった彼女は、鼻づまりに加えネットリした鼻水やタンも出ていましたが、あまり深刻には考えていませんでした。

すると、結婚式の2日前に思わぬ事態になりました。突然顔の左側に激痛が走ってその場で身動きできなくなりました。

痛みが歯の根っこから耳の後ろ、首の後ろ、前頭部という感じで、断続的に鈍器で殴られ続けるみたいな・・。

動けないぐらいの頭痛で、あぁ 私このまま死ぬんだわと思うぐらいの人生初めての頭痛だったと・・

数時間おきに鎮痛剤を飲みながらなんとか式を挙げましたが、痛みであまり覚えていないということです。

彼女は子どもがいますが、出産より痛かったと当時のことを話すと、横にいたご主人がびっくり!

初めて聞きましたと・・驚いておられました。

その後、知人の医師がいる病院を訪ねました。

■ 東京都 新宿区 JCHO東京 新宿メディカルセンター 耳鼻咽喉科部長 石井正則さん

精密検査を受けたところ驚くべきことがわかりました。

CTを見ると、鼻のまわりにある副鼻腔(ふくびくう)という部分が左右違うのがはっきりわかります。

異常がない方は黒く写り空洞に、痛みが走った方は真っ白で、膿がパンパンに詰まっていました。

これは、「慢性副鼻腔炎」が進行した状態で、さらに副鼻腔にアスペルギルスというカビの一種が繁殖していて体調をさらに悪化させていました。

先生によると、体調不良がきっかけで免疫機能が落ちて、慢性副鼻腔炎がカビを起こす状態になった。

カビが生えてしまうと、なかなか症状が取れないということで、少しずつ増殖していきますから・・。

彼女の場合、かなり悪化した副鼻腔だった。鼻のまわりには副鼻腔という空間があって、風邪などで炎症を起こすと、空気の通り道が狭くなって鼻づまりを起こします。

その炎症が副鼻腔までいくと、副鼻腔炎となります。

彼女の場合はその副鼻腔にカビが生えていて膿が溜まった状態だったので、かき出したり、吸引して吸い出すという処置をして、基本的には手術して中のカビをきれいに洗い流さないと完全の治療は難しいです。

長年鼻づまりや頭痛に悩んだ彼女は手術を受け今では、食べ物のニオイが感じられるようになり、特に肉の焼けたニオイはたまらないとうれしそうです。

今では家族みんなで、食事を取るのがなによりも楽しみだそうです。

全国で副鼻腔の患者数が年々増え、現在46万2000人になっています。

2008年から2014年の6年間で9万人増えています。

鼻や副鼻腔のエキスパートの吉川先生がいろいろと教えてくれました。

増加の原因の1つは、花粉症でアレルギー性鼻炎が増えている。

それ以外に、蓄膿症 副鼻腔とは異なるタイプが増えている原因の1つ。

 

✳ 鼻づまりの症状

● 眠れない
● 何しても治らない
● とまらないせき
● 息苦しい
● ニオイがわからない
● 顔に激痛

 

✳ 副鼻腔炎の主な症状

● 鼻水が黄緑 ネットリしている
● 鼻水がノドにまわる
● 鼻のまわりに痛みが出る

 

✳ 好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)

昨年7月に、難病にしていされた病気で患者数2万人。

副鼻腔炎の症状に加え咳などの呼吸器の症状がでるのが特徴です。

白血球の一種の好酸球がなんらかの原因により、過剰に反応し正常な細胞に攻撃を開始してしまい副鼻腔炎が起こります。

さらに、この好酸球が気管支に移って暴走を始め、ぜんそくを引き起こします。術後6年間で、50%の症例が再発し、完治が難しい新しいタイプの副鼻腔炎です。

この病気他には厄介なことがあります。通常鼻の奥には空間が広がっているのですが、この病気にかかるとその空間に鼻茸(はなたけ)というポリープができ、呼吸を妨げます。

 

✳ 好酸球性副鼻腔炎の特徴

● 目の奥の痛み
● ぜんそくのような症状
● 鼻茸ができる

また、鼻づまりがないのに、ニオイがわからない症状がでることもある。
(ぜんそくをもっている人に多い)

新しいタイプ(好酸球性副鼻腔炎)まだ原因がはっきりわかっていないが、昔からあるタイプは、やはり風邪によって副鼻腔炎になっていくことが多いので風邪対策やアレルギー対策が大切。


✳ 鼻をすっきりさせる方法

● 鼻洗浄・・・保湿作用・炎症物質を洗い流してくれる。

いろいろなメーカーから出ていますが、粉末を溶かして使う物が人気です。

この粉末、代用できる物があるんです。

それは、自宅で使う”食塩”

食塩 + 水 + 湯 で簡単にできる。

塩を0.9%にしてもられば、しみたりぜず、全然問題ない。

0.9%の食塩水 = 生理食塩水

体液と浸透圧が近いため身体への負担が少ないです。

それに対して、真水だと体液より浸透圧が低いので、鼻の粘膜に染み込みやすく、粘膜が膨張して痛みを感じてしまいます。

 

✳ 温度にもポイント

温度は、37度前後の人肌程度の温度鼻へ刺激が少なくてがオススメです。

 

✳ 鼻洗浄のポイント

「え~」と言いながら行なう。

舌の付け根が引き上がって、のどちんこも引き上がって鼻とのどの間の空間が閉じ、むせ込まなくなります。

① いったん息を吸って

② 吐きながら「え~」といいます。

③ 終わったら、やさしく鼻をかんで終わりです。

先生によると、1回やるだけでもかなりスッキリする効果があります。

オススメは毎日で、片方の鼻に150ml~300mlの生理食塩水。

時間はいつでも大丈夫ですので、自分の好きな時間で・・。

風邪予防やアレルギーを悪化させないためにもいいそうです。

 

✳ 注意点

● 容器は、2週間に1度は煮沸消毒、もしくは除菌作用のある漂白剤で消毒。

● 体質的に合わない場合使用を中止し、異変を感じたら医師に相談してください。




ひとこと

私は1度も鼻洗浄をしたことがありません。

少し勇気がいりますが、鼻づまりの症状がある方や、風邪予防・花粉などのアレルギーがある方には、これで少しでも楽になるなら本当に朗報ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

65af5611708e6e2c2f3a5a5d2d273015_s

“冬の風邪予防対策” 意外な食事療法×寒さ&乾燥の冬「のど」ケアを紹介

NHK「あさイチ」情報。歌手のMay J.さんと氷川きよしさんの風邪予防法が紹介。 風邪を引く

記事を読む

daa4b1f125b5a221b1bc88564641c3cb_s

集中力UP・認知症予防に最適!!「お手玉」NHK”あさイチ”で紹介!

NHK”あさイチ”の小豆特集で、小豆を使ったある物を使うことで、脳を活性化出来ると紹介されていました

記事を読む

117818

腰痛が改善!“寝相の良い人が腰痛になる” 寝返りの回数と腰痛との関係【ガッテン】

NHK「ガッテン」テーマは “腰痛”。今年の8月にすごい論文が発表されました。 その 東京大学

記事を読む

089704

“はしか”対策!初期症状が風邪に似てる!?注意 【あさイチ】情報

NHK【あさイチ】9/14日は、はしか対策決定版!/ 今ニュースでよく取り上げられている「はしか」。

記事を読む

720961

花粉症対策グッズ ベスト3&花粉症に効く!幻の果物“じゃばら”を紹介

この時期に悩ませられるのが 花粉症。そして今年は 平年より遅れ気味ですが、ピークに入ったという段階な

記事を読む

096917

出産時にしか採取できない“さい帯血”とは?公的バンクと民間バンクとは?

さい帯血の違法治療と闇ビジネスが今ニュースになっていますが、アンチエイジング効果など理論上ありえない

記事を読む

f31201ff1b7ee9e241a78e80a501d600_s

<高血圧>血圧を簡単に下げる3つの方法!渡辺式がTV「スッキリ!!」で紹介!

健康の指標「血圧」、でもその意味って分かっていますか? 高血圧=体によくない、これぐらいしか知

記事を読む

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」NHK”ためしてガッテン”

1/20・NHK「ためしてガッテン」は、女性が一番気になる”シミ”の最新情報 満載の特集でしたので

記事を読む

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉が来た!超便利対策グッズ&抗体治療 TV「す・またん!」で紹介

2月17日(水)の日本テレビ系「す・またん!」で、”使いやすさ”重視! 進化を続ける花粉対策。「ウ

記事を読む

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s

“腹筋女子”が増えている!女性が腹筋を鍛えるワケは?

先月 きゃりーぱみゅぱみゅさん(23)が、インターネット上に投稿した1枚の写真(ツイッター)の美しい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑