*

”新茶の季節“ お茶の美味しい飲み方&急須のふたに穴がある理由!

公開日: : 食情報(お店・食品・料理)

初夏の今…旬を迎えているのが “お茶”。 新茶の季節に美味しいお茶が飲みたいですよね。

お茶は お湯の温度で味や色も違ってくるし、また お茶の葉の蒸し方でも色や味も変わります。

さらに、急須の穴の位置でも味が変わる理由も紹介。

日本テレビ系 朝の情報番組「ZIP!」で紹介されたものを一部まとめてみました。

スポンサーリンク

 

【お茶の美味しい飲み方】


✳ お茶の味にこだわってますか?

人によっては 甘味があってスッキリが好きな人や、渋くて苦みがあるものが好きな人など 好みがあると思います。

お茶は、生の葉を採ってお湯を注いで飲んでも味がでません。お茶の葉は加工しないと味が出ないのです。

【緑茶の加工】

❶ 蒸す

❷ 揉む(もむ)

❸ 乾燥

🌟 この❶~❸の加工があってこそ 味や香りが高まり、また 加工の仕方によって 味が激的に変わります。

 

美味しいお茶の選び方

❶ 蒸す時間の違いを見極めて!

✳ お茶の味に一番影響するのが蒸す時間。

お茶の葉を30秒ほどサッと蒸した「浅蒸し」と、より長く蒸した「深蒸し」があります。

購入したお茶の袋の裏…品名または名称の後ろに表示されています。

✳ 本当に蒸し時間で味が違うのか?番組で検証した結果。

● 「浅蒸し」色は薄く スッキリしたとした味

● 「深蒸し」色が濃く 味も濃い

🌟 結果・・・蒸す時間が短いほど スッキリと、蒸す時間が長いほどしっかり濃い味になります。

これからは好み合わせて、「浅蒸し」「深蒸し」を選んでみてください。

 

❷ 美味しい印を見逃すな!

✳ お茶を湯呑に入れたときに表面にホコリ!?のような…何か浮いているのを見たことはないですか?

それは ホコリではなく「毛茸(もうじ)」と呼ばれる、新茶にのみつく産毛。

🌟 毛茸(もうじ)が浮く=新茶で、うま味がたっぷりの証です。

 

美味しいお茶の入れ方

❶ 温度で激変?

✳ 熱いお茶も美味しいけれど、これからの季節は 冷たいお茶も飲みたくなりますよね。

冷たく入れたお茶は、温かいお茶とはまったく違う味わいになります。

氷を入れて水を注いで作った「氷水出し茶」…これを飲んでみると第一声が「甘い」でした。

これは気のせいではなく、ちゃんと理由があり 入れる温度によって味が変わります。

✳ お茶の渋みのもとは「カテキン」で、甘味のもとは「テアニン」です。

渋みのもとの「カテキン」は、温度が低い時はあまり抽出されません

一方の甘味のもと「テアニン」は、温度に関係なくほぼ一定量が抽出されます

🌟 冷たい水でお茶を入れると 渋みの「カテキン」の抽出量が少なく、甘味の「テアニン」がしっかり抽出されますので、結果的に熱いお茶よりも 甘くスッキリした味わいになります。

 

❷ 急須の穴の位置


✳ 急須の穴って何のために空いてるか知ってますか?

丸いふたに小さな穴が空いてます。実はこれはとっても重要だったんです。

注ぎ口の方を「下」、注ぎ口と反対の方を「上」とします。

🌟 お茶を注ぐ時にこの穴が「下」か「上」かによって、お茶の味が全然変わります。

✳ 番組の中ではふたを透明にして、お茶が注がれる時に中がどんな状態になってるのか一目でわかりました。(ここでは映像がないのでわかりにくいかもしれませんが 説明していきます。)

✳ 同じお茶の葉・同じ温度の条件で、穴が「下」か「上」かの違いだけで検証。

● 穴が「下」・・・注ぐと 中の茶葉がブクブクとお湯の中で回ってかき混ざっている

● 穴が「上」・・・注いでも 中はかき混ざることはありませんでした。

🌟 結果・・・穴が「下」にあるときは、穴から入った空気が水に入り かき混ぜて味をしっかり引き出します

ところがこの穴を「上」に向けてしまうと、空気が入っても水の中には入らず かき混ざらず、結果として味を引き出せません。

また 湯呑に注いだお茶の色や味にも違いがでました。お茶を入れる時は、ふたの穴を注ぎ口の方「下」にすることでより美味しいお茶を飲むことができます。




ひとこと

今まで急須のふたの穴を気にしたこともなく、「上」「下」考えずにお茶を注いでいました。

こんな理由があったなんて全く知らなかった…今日からは必ず「下」に向けてお茶を注ぎます。

また、氷を入れたお茶も甘いことがわかり、夏は「氷水出し茶」を入れて仕事に持って行くことにします。今回番組でいろいろ勉強になりました(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

cb6cffa4247e703a0f9451f2b301358c_s

“抹茶スイーツ”ブーム!京都で食べておきたい注目のおすすめ店は?

【京都】「京はやしや」「清水一芳園(しみずいっぽうえん)」「茶寮 翠泉(ちゃりょうすいせん)」「MA

記事を読む

fa97dc03deb38494f3598701848c06cb_s

京都でヴィ―ガン料理が続々!ヴィ―ガンとベジタリアンの違いは何?

海外に広まるヴィ―ガン料理が京都に続々! ヴィ―ガン料理って知らない人も多いと思いますが、原材

記事を読む

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

油なのに健康!広がる高機能性オイル・話題の「オイルおにぎり」本&レシピ紹介

先月、京都四条烏丸にオープンした“OIL&VINEGAR”というお店は、オリーブ オイルを中心に果

記事を読む

d69f69884dda166d371870d43bd18a92_s

新幹線で帰省「東京駅」でオススメの最新スイーツのお土産!

明日からお休みで実家に帰省する方も多いと思います。 時間の余裕をみて来たら、時間が30分もあるとき

記事を読む

a02214963a977663c04a2b82d32ee83b_s

リンゴの意外に知らない姿!赤いのはなぜ?ミツの正体と変色防止と魔法のガス

今が旬の身近すぎる“リンゴ”だけど、何でも知っている気になっていませんか? 実はリンゴには、ま

記事を読む

c61aa8590d330141d2d914da5273b9cf_s

溶けないアイス “金座和(かなざわ)アイス” の秘密はイチゴの力!

夏にピッタリ!新感覚 溶けないアイスが話題になっています。 石川県・金沢市で、今年4月にオープ

記事を読む

5604a2f1d2687ba3dc302d33f8d011f3_s

いま話題のパリ新感覚ケーキ!「ガトー・インビジブル」とは?作り方は?

今年 注目の新スイーツ “見えないケ-キ”って? ガトー・インビジブルという フランス生まれの

記事を読む

cc62e9c4c8449b45db49b07d406b464a_s

大阪初上陸!“フルーツインティー”(Lipton)&京都“sour(サワー)”が関西で話題!

夏にピッタリなドリンクで、見た目も味も爽やか! 開店前から行列ができるお店は、紅茶とフルーツを

記事を読む

2070cf0cd5d3b59f3985711ddd1993dc_s

“冷凍食パン”が蘇る!みんなが知らない裏ワザで美味しく変身!

朝食に欠かせないのがパン。冷凍させたパンを蘇らせる裏ワザに、超絶品バタートーストの驚きの作り方など

記事を読む

4e4e490be239813a293e251d1fa98892_s

大阪に台湾かき氷の名店「アイスモンスター」上陸!オープン記念に「桜ミルクかき氷」を発売

東京・表参道に去年500人が5時間も並んだ“ICE MONSTER”(アイスモンスター)、キメが細か

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑