*

「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」NHK”ためしてガッテン”

公開日: : 最終更新日:2016/08/06 体に関すること

1/20・NHK「ためしてガッテン」は、女性が一番気になる”シミ”の最新情報
満載の特集でしたので紹介します。
夏のダメージで出てくるシミ、日焼けが落ち着いてきた冬の時期にお肌をのぞ
いて見れば、肌の奥底にシミのタネがいっぱい!?

形成外科の先生によると、色素沈着ということについて言えば、
冬の方ができやすい可能性が高く、その時期にケアを怠ったり誤ったケアを
すれば色素沈着を助長することになるそうです。

冬はシミのケアにとって、とっても大切な時期なんです。
また、シミを悪化させる落とし穴があることを知ってますか?

その落とし穴とは、髪が当たることで出来ている可能性があるシミがあること。
また、クレンジングのついでにやっちゃうとそれはお肌に良くないことがあるん
です。それさえ解ればシミがすっきりキレイになっちゃう!?

中には、シミなんか気にしていないという方もおられると思います。
「もう手遅れだわ」「気にとめないわ」
「日焼けがあった方が男らしくていいんじゃない?」など・・

ところが、そんなみなさんに気にしてほしい”シミ”があるんです。


それは、「赤いシミ
これは絶対見落としてはいけないシミだそうです。
これはあるやっかいな病気のサインなんです。
早めの発見と対策が必要です。

夏のおきみやげ”シミ”
ずっと残る置き土産にしてしまうかは、
この時期にかかっています。そこで、朗報です。
「シミの特効薬」”シミが消える薬”!!これは、後ほど説明します。

シミには「赤いシミ」「茶色いシミ」があります。
特に注意が必要なのは、「赤いシミ」

赤いシミの正体は?
それは、ガンの一歩手前で日焼けによるがんの種だったんです。

今回番組で100人の方に調査したところ、
100人中19人の人に「赤いシミ」が見つかりました。
以外に多かったのは、よく日に当たる方にきてもらったからかもしれません。
(趣味で野外のスポーツなど)

「赤いシミ」
皮膚の表皮は0.2mmぐらいでとっても薄いですが、そこにが
んの種が出きている状態す。がんの種ができると免疫細胞ががん細胞と戦って、
やっつけようとしてその時に血管が太くなる(免疫細胞を運ぶために)。

そして、太くなった血管が透けて見えてつのが「赤いシミ」なんです。
赤いシミそのものが=”がんではない”ということで、
そこにがんの種がありますよと知らせてくれるサインです。

”がんになるシミ”
日焼けによるがんの種は赤色が多い。
茶色いシミががんになる可能性は低いということです。
「赤いシミ」は茶色いシミにくらべて見逃す人が多いので注意が必要です。

★先ほどの、シミの薬「シミの特効薬」は、”がんの種を消す薬”なんです。
赤いシミを治す塗り薬のパワーを紹介。

ある女性は額に赤いシミを見つけました。本人は皮膚が荒れているのかと
思ったぐらいで、ちょこっとかゆくて家にある塗り薬を塗れば治ると思って
いましたが、なかなか治らず近所の皮膚科に行ってみました。

診察で湿疹ということで塗り薬を処方されました。
しかし、一向に症状が治まらないので、
また別の病院へ行ったがまたしても湿疹ということで、
全部で3件の病院に行ったそうです。

結局、治らず2年が経過してしまいついに4件目の病院へ、
そこで初めて違う薬が処方されました。

それが今回の「シミの特効薬」でした。
でも、それを塗ると前より状態が悪くなったかと思うぐらい、
赤く大きくなりまわりがグジュグジュになり本人もびっくり・・。

なせこの薬(シミの特効薬)を塗るとこんな状態になるのか?
”赤いシミ”研究の第一人者の先生にお聞きいました。
薬は何をしている?

「一見 正常に見える種みたいな病変のところにも効果を発揮して、
そういう細胞も攻撃できる、”あぶり出し効果”といいます。
ひとつあれば、ほかのところにも隠れた状態でがんの始まりの種みたいなも
のがあると考えた方がいい」といわれました。

「シミの特効薬」”がんの種を消す薬”は、「イミキモドクリーム」といいます。
この薬は、皮膚の中の免疫細胞を活性化させる力があって、戦わせる
免疫細胞たちにがん細胞と、そうするとどうしても炎症が起こります。
その炎症が、彼女が悪化してグジュグジュになったと思ったものです。

でも、先生からそれはあくまで途中経過ですと告げられていました。
塗り続けると徐々にきれいになって、1ヶ月後にはきれいに完治されていま
した。


赤いシミを作らないためにも、まずは日焼けをしないということですが、
以外にも”冬の日焼け対策”が重要で、日焼け対策に意外な落とし穴がある
ということです。

私たちの肌に届く紫外線にはUV-A と UV-Bの2種類があります。
UV-Bは、赤や黒に日焼けさせるものです。
日焼け止めクリームで、PA++++は、PAのAがUV-A対策のことで、
SPF50+は、UV-B対策のことです。

UV-Aは、日焼けが起きにくいのでいくら紫外線を浴びても大丈夫と思われ
がちですが、そこが落とし穴なんです。

紫外線量・・・冬になるとUV-Bは、夏の約1/5に減るが、UV-Aは、
夏の約1/2程度にしか減らないという特徴があります。

UV-Bは、肌を黒く日焼けさせるのと同時に細胞のDNAを破壊しています。
そうすると、がんの種ができてしまう。でも私たちの身体にはありがたい機能
が備わっていて、DNAの壊れたものを修復してくれています。

ちょっと日焼けしても皮膚がんにならないのもこういう機能があるからです。
UV-Bで細胞のDNAが破壊されダメージを受けた状態で、UV-Aの紫外
線が差し込みます。

UV-Aは、肌の奥深い(表皮の下の真皮)のところまで届いてしまい、
活性酸素を発生させ悪さをします。この活性酸素が、
壊れたDNAを修復する力を弱くしてしまい、DNAが治せなくなります。

すると、どんどん壊れた細胞が増えていきがんの種ができてしまい、
これがいっぱい増えると”がん”になってしまいます。

今まで日焼けをして、黒色=”がん”になるんだと思っていましたが、
全然色が焼けていないのに皮膚の中が、恐ろしい状態に向かっているのが、
あまり知られていないということです。

UV-Aに注目が行くようになったのは?
UV-Bも強いのですが、UV-Aは量が多いので意外と侮れないということで
今は、AもBもカットしないといけないです。

冬の紫外線対策として、紫外線の全体量は冬は少ないのですが、冬になると
肌が白くなり紫外線の影響を受けやすくなるので、UV-A対策も大事になります。


 UV-A対策 ★
散歩や日常では、PA+~++
屋外レジャーでは、PA++~+++ が目安になります。

★ 日光角化症 
◎触ると表面がザラザラしていて赤く、
触ってみると指先にチクっと感じることもある。

◎2~3ヶ月たっても赤みがひかない、これは1年中ずっと赤い状態。
◎冬でも赤みが増える。

赤いシミができやすい人は、日焼けすると赤くなるだけで黒くなりにくい人。
長期間日光に当たる生活をしてきた人は要注意!

今年の夏に日光に当たったから冬にでるわけではなく、
子どもの頃からずっと日に当たってきた結果として出てきます。

かゆみや痛みなどの自覚症状が少ないが、放っておくと皮膚の深くまで
進行してしまう場合もある。
なので、早期発見、早期治療、そうすればきれいに治すことができます。

イミキモドクリームは、細胞の検査なおも行い、病院で処方されます。
一般的なシミの薬ではありません。

◎液体窒素での治療は、がんの種がまだ小さく少ないと診断された場合、
皮膚の表面を冷凍させうすくはがす簡単な治療です。

 気になる茶色シミ ★
~意外な原因と対策~
◎シミの意外な原因は、スキンケアで洗顔のときに顔をこすってしまうこと。
摩擦で肌の内側に炎症がおきて、メラニンがたまって茶色いシミになってしま
う。
色素沈着の世界において「クセ」「習慣」が一番大事というか一番問題に
なってきます。気がついたらできるだけ早くやめて、改善の方向に向かって行く
ことが大切です。

※ ファンデーションをスポンジで塗るときに力が入って、
肌が擦られていたり、顔に髪がいつもあたり擦られているなど、いろいろあります。
とくに、頬骨のあたりは骨が出ているので注意が必要です。
また、右ききの人は右側に力が入るなど、そういったことにも気をつけてください。

朝の洗顔や化粧を落とすときなど、どうしてもゴシゴシしていまいやすいですよね。
そんな方には、「泡洗顔」をオススメします。
(化粧落としは拭きとるタイプより、洗い流すタイプの方がオススメです。)

摩擦が減ることによって徐々に炎症が治まり、シミの改善につながります。
また、マッサージはオイルや乳液などをたっぷり使って、肌の摩擦を減らして
行なうことをオススメします。

★摩擦を減らす生活は、すぐには効果が見えなくても 続ければシミ
改善に期待大です!!


 

自分の顔を鏡で見るとたくさんのシミが・・あります。(ショック)
今まで洗顔もどちらといえばゴシゴシと洗っていました。
今のところ、赤いシミはあいませんが・・学生時代には運動部でしっかり
紫外線を浴び続けましたので、この先心配です。
夏ばかり紫外線を気にしていましたが、冬場もしっかり日焼け止めをつけて
紫外線対策をしようと思いました。なかなかこの番組勉強になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉が来た!超便利対策グッズ&抗体治療 TV「す・またん!」で紹介

2月17日(水)の日本テレビ系「す・またん!」で、”使いやすさ”重視! 進化を続ける花粉対策。「ウ

記事を読む

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s

注射一回で効果!夢の新薬「高血圧ワクチン」とは?普及はいつ頃?森下竜一教授「ミヤネ屋」出演

総患者数 およそ1000万人、日本でもっと多いと言われている病気が“高血圧”。 塩分の取りすぎ

記事を読む

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

【リスクチェック】“心筋梗塞×脳梗塞・がん”10年以内に発症する確率がネットで簡単にわかる!?

6/3・NHK「あさイチ」「リスクチェック 心筋梗塞・がん」/国立がん研究センターと藤田保健衛生大学

記事を読む

127206

【難聴】聴力アップの秘訣“聴覚筋トレ”×耳鳴りの正体と改善方法!

TBS系「 健康カプセル!ゲンキの時間」テーマは「耳」【難聴で認知症を防ぐ簡単訓練】難聴を あきらめ

記事を読む

720961

花粉症対策グッズ ベスト3&花粉症に効く!幻の果物“じゃばら”を紹介

この時期に悩ませられるのが 花粉症。そして今年は 平年より遅れ気味ですが、ピークに入ったという段階な

記事を読む

f31201ff1b7ee9e241a78e80a501d600_s

<高血圧>血圧を簡単に下げる3つの方法!渡辺式がTV「スッキリ!!」で紹介!

健康の指標「血圧」、でもその意味って分かっていますか? 高血圧=体によくない、これぐらいしか知

記事を読む

37c93e04c5f1f37abba15a199b4364e9_s

3人に1人が鼻づまりに悩む!?NHKあさイチ「鼻づまり特集」

NHK「あさイチ」で“鼻づまり”特集が紹介されました。冬から春にかけて、風邪や花粉症で鼻がつまること

記事を読む

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

【紫外線アレルギー】光線過敏症とは?原因と予防&対策「ビビットfocus」情報5/12 

【紫外線アレルギー】真っ赤に腫れ上がり、水ぶくれまでできてしまった手首、赤い発疹がでた痛々しい腕、ち

記事を読む

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s

“腹筋女子”が増えている!女性が腹筋を鍛えるワケは?

先月 きゃりーぱみゅぱみゅさん(23)が、インターネット上に投稿した1枚の写真(ツイッター)の美しい

記事を読む

2405ce9fe4c86f2cf72defd9178200e9_s

びっくりチョコ力!「チョコレート カカオ72%」便秘解消・認知症予防・高血圧改善!”NHKあさイチ”

2月3日の「あさイチ」は、この季節にぴったりの”チョコレート”特集です。 まもなくバレンタイン

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑