*

“はしか”対策!初期症状が風邪に似てる!?注意 【あさイチ】情報

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 体に関すること

NHK【あさイチ】9/14日は、はしか対策決定版!/ 今ニュースでよく取り上げられている「はしか」。

今年のはしか患者数は、全国でいま82人の方が「はしか」に感染されています。

その中でも、とくに海外の窓口である関西国際空港周辺とした、大阪府は26人そして兵庫県は 10人となっています。

関西エリアに次いで多いエリアが千葉県。今年に入って23人が感染しています。なぜこんなに増えているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

はしか

はしかの感染に揺れる千葉県

■ 千葉県 健康福祉部疾病対策課

県では更なる拡大を防ぐため、感染ルートの把握に努めています。

ことし7月に入って患者の届け出があった、この一ヶ月半で19名の患者。

県内で最初に「はしか」と診断されたのが7月22日、30代の主婦でした。

この人から十数名に「はしか」が感染したと考えられます。

この女性は、関西空港にも海外旅行にも行っていませんでした。

関西空港とはまったく違う種類の海外のはしかウイルスを持った人から移り広がったと考えられます。

 

どこで感染したかわかったんですか?

■ 疾病対策課

「なかなか分からない。
例えば、地域の交流事業とか 医療機関を受診しに訪れたところ、そこで何らかの接触があり、感染したと推定がされておりまして、麻しん(はしか)は非常に感染力が高い」

◎ はしかは空気感染し、インフルエンザの6倍以上の感染力をもちます。

電車など同じ室内にいるだけで、うつる危険性があります。

そして、はしかがやっかいなのは・・・

 

「はしか」の症状

初期症状が風邪と似ていることにあります。

先月松戸市で患者を最初に診察した医師は、「はしか」だとわからなかったといいます。

せきや鼻水があるということで、風邪だと診断して患者を帰してしまったんですが、実はその人が「はしか」だったということが後でわかったということです。

◎ 1日~3日 ➡ はしかを発症すると熱が上がり(39度前後)、のどの痛みやせき・くしゃみなどの症状がでます。

その後、結膜炎・目やに そして、コプリック斑など。

◎ 4日~5日 ➡ いったん熱が下がる。

◎ 6日~7日 ➡ また熱が上がり始め高熱になり“発しん”がでます。

でも実は、初期の風邪の症状のときから気づかないうちに、ウイルスを周囲にうつしてしまうのです。

病院では、あらかじめ「はしか」が疑われる患者は別の部屋に隔離して診察し、感染拡大を防いでいます。

 

「はしか かな」と思ったら どうすればいい?

「はしか かな?」と思ったら、(医療機関に)電話をかけて、「はしか かもしれないんですけど どうしたらいいですか」と 、ひと言 受付に連絡をいれることが大切です。

そうすることで、感染の拡大を防ぐことにもつながります。

はしかを防ぐ唯一の方法は「ワクチン」の接種。

松戸市では、1度も接種していないおよそ1,300人の乳幼児を最優先して接種しています。

■ 医療機関

「みんなが予防接種をしておけば、外国から菌が入ってきてもちゃんと予防できる 社会の体制ができていますので、それがすごく大切です」

 

はしかの患者の推移

最近ニュースにもなっているので、危機的な状況なのではと思われがちですが、そこまで大流行しているわけではありません。

ここ5年間の「はしか患者の推移」を見ますと、2012年から2014年の間は、年に200人~500人前後で推移しています。

去年2015年はぐっと下がって35人で、2016年も同じようなペースだったのが、この2~3週間でグッと上がってきています。

ほっておくと免疫を持っていない人に広がるので、きちんと抑えておけば元通りになります。

今が大切な時です。

「はしか」は インフルエンザよりも6倍以上の感染力がありますので、道ですれ違っただけでも免疫をもっていなければ感染することもあるそうです。

ワクチンは、1回打てば大体大丈夫と言われていますすが、現在は2回打つことが義務づけられています。(中には1回で免疫ができない人もいる)

昔、はしかに自然にかかった人は大丈夫だと言われています。

今 守らなければいけないのが子どもです。

子どもがかかると急に重症になったり、亡くなることもあります。

1才過ぎた子どもは1回目のワクチン、小学校入学まえに2回目のワクチンが最優先。

免疫はワクチンを打ってから大体2~4週間ぐらいで効果があるそうです。

必ず忘れないで「はしか」ワクチンの予防接種を受けましょう!




ひとこと

わたしの年代は「はしか」が流行り、学校や姉妹でかかった時代です。

また、「はしか」が インフルエンザの6倍以上の感染力があることを知り、本当に驚きました💦

今回の「はしか」は海外から持ち込まれたものだそうですが、空港など世界中から日本に来られる方たちで、防ぎようがありません。

予防接種を受けることが自分の身を守ることでもありますし、みんなが免疫を持っていれば、今回のように国内で広がることもないですね(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

14b355b130fb0dacc9e9e800b67f674b_s

花粉対策 最前線!進化するマスク×「花粉Ch」×夢の治療法「スギ花粉米」情報

花粉いよいよシーズン突入 対策最前線! 大阪(大阪市北区) 梅田にあるロフトの2F 花粉対策グ

記事を読む

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

【紫外線アレルギー】光線過敏症とは?原因と予防&対策「ビビットfocus」情報5/12 

【紫外線アレルギー】真っ赤に腫れ上がり、水ぶくれまでできてしまった手首、赤い発疹がでた痛々しい腕、ち

記事を読む

127206

【難聴】聴力アップの秘訣“聴覚筋トレ”×耳鳴りの正体と改善方法!

TBS系「 健康カプセル!ゲンキの時間」テーマは「耳」【難聴で認知症を防ぐ簡単訓練】難聴を あきらめ

記事を読む

00968d913ef15f020b736295a889a27b_s

病を生む?命を縮める!”座りすぎ”心臓病・糖尿病リスク高まる!?NHK「あさイチ」特集!

今日のNHK「あさイチ」は、特集として「命を縮める!”座りすぎ”」でした。 座りすぎで命を縮める?

記事を読む

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s

紫外線の真実!シミを防ぐ紫外線対策&隠れジミを減らす飲み物!「世界一受けたい授業」5/7

シミ・しわ・皮膚がんの原因になる『紫外線』は、4月・5月ごろになると一気に増えるんです。 太陽

記事を読む

65af5611708e6e2c2f3a5a5d2d273015_s

“冬の風邪予防対策” 意外な食事療法×寒さ&乾燥の冬「のど」ケアを紹介

NHK「あさイチ」情報。歌手のMay J.さんと氷川きよしさんの風邪予防法が紹介。 風邪を引く

記事を読む

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」NHK”ためしてガッテン”

1/20・NHK「ためしてガッテン」は、女性が一番気になる”シミ”の最新情報 満載の特集でしたので

記事を読む

117818

腰痛が改善!“寝相の良い人が腰痛になる” 寝返りの回数と腰痛との関係【ガッテン】

NHK「ガッテン」テーマは “腰痛”。今年の8月にすごい論文が発表されました。 その 東京大学

記事を読む

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s

“腹筋女子”が増えている!女性が腹筋を鍛えるワケは?

先月 きゃりーぱみゅぱみゅさん(23)が、インターネット上に投稿した1枚の写真(ツイッター)の美しい

記事を読む

e3fc926d3148595096f2d17a5a6736c4_s

高齢者の心の病とは?うつ病・認知症・不眠症などの心の病の予防法

大阪大学医学部付属病院の池田学先生による「高齢者の心の病とは?」がテレビで放送。 そう遠くない

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑