*

【難聴】聴力アップの秘訣“聴覚筋トレ”×耳鳴りの正体と改善方法!

公開日: : 最終更新日:2017/03/29 体に関すること

TBS系「 健康カプセル!ゲンキの時間」テーマは「耳」【難聴で認知症を防ぐ簡単訓練】難聴を あきらめない!

高い聴力を維持するための聴力アップの秘訣や83歳の神業職人直伝“聴力アップの秘訣などを紹介。

また、耳鳴りの正体&耳鳴りを改善できる方法とは!?

年を取ると耳が遠くなるのは仕方がないとあきらめる前に…。

スポンサーリンク

 

【難聴】

✳ こんな聞き間違えよくありませんか?

おかし ➡ おはし

かとう ➡ さとう

ひろい ➡ しろい

よく聴き間違える ➡ 難聴が始まっているというサイン

そう言われても、年を取ると耳が遠くなるのは仕方がないって思っていますよね。

東京大学医学部 耳鼻咽喉科学教室 教授 医学博士
■ 山岨達也 先生
「難聴を あきらめてはいけません!年を取っても高い聴力を維持する事はできるんですよ」

 

✳ 街で「耳」について聞いてみたところ

Q: 最近「耳」の調子どうですか?

◎ 「聞こえるんですけれども 言ってることが はっきり分からない」

◎ 「高い音が聞こえにくくなると同時に 高い音が わずらわしい」

◎ 「聞き取りにくかったりするの」

Q: 対策はしていますか?

◎ 「病院には行きません 治らないっていうのが分かっているから」

◎ 「話ができない程でもないから 病院に行こうかって事はないです」

みなさん、あきらめムード ですが、まだ 白旗を上げるのは早いんです!

 

老人性難聴

✳ 老人性難聴が高齢者の孤立を引き起こすって知っていましたか?

🌟 きっかけは些細な事

(例)同居している孫に、テレビの音がうるさいと言われた。

耳が遠くなる ➡ コミュニケーション問題 ➡ 孤立・引きこもり

🌟 さらなる不幸の引き金に…

アメリカでの調査ですが、耳がいい人と悪い人で 認知症へのリスクを調べたところ。

● 軽度な聴聴 ➡ 2倍

● 中度の難聴 ➡ 3倍

● 重度の難聴 ➡ 5倍

難聴の症状が重くなるほど、認知症へのリスクが大きくなることがわかりました。

 

なぜ年を取ると耳が遠くなる?

✳ 音は耳に入ると鼓膜で増幅され、蝸牛(かぎゅう)で電気信号に変換されて脳へ伝わる

※ 蝸牛とは?
内耳にあり聴覚を司る感覚器官

その蝸牛の中には、まるで毛のような細胞「有毛細胞」があり、それらが伸縮する事で 音は電気信号に変換される。

とこが 年を取ると、この有毛細胞が壊れていきます。

外側にある 高い音から感知する細胞が壊れていくため、高齢者は 高い音が聞こえ辛くなる。

そこで 有毛細胞を再生する方法があるのか聞いてみると・・・

■ 山岨達也 先生
「有毛細胞は 再生しません」

やはり 難聴は仕方がないのでしょうか?

ところが 常識を覆す人を発見!

🌟 本田 泰さん(83歳)音叉一筋59年の大ベテラン。

本田さんは、最終調整(音の高さ世界基準「ラ」=440ヘルツ)する担い手。

事前調整はされているが、誤差は生じてしまうので 本田さんが最終調整で、誤差0.05ヘルツ以内で仕上げる。


音叉(おんさ)・・・楽器の調律や聴覚検査などで用いる、特定の高さの音を発する道具。

ほんのわずかな音の違いを聞き分ける本田さんの聴力検査をしたところ・・・

意外にも、平均的な80歳代の聴力という結果に!?

✳ これは どういうこと?

■ 山岨達也 先生
「年を取ると一般的に誰でも聞こえは悪くなります。

本田さんの検査結果を見ても、年齢の影響があると考えられます。

ただ 本田さんの場合 長い間 音の高さを聞き分けていますので、聴覚のネットワークを鍛える事によって、ある程度の年齢にいっても音の聞き分けが出来ていると考えられます」

 

聴覚ネットワーク

~老人性難聴を体験!~

✳ なぜ聞き取れないの?

❶ 雑音 + 男性の音声 =  ほとんど聞き取れない。

耳からの情報を脳に伝達する時、邪魔な情報をシャットアウトし 自分の聞きたい音を選択して聞いている。

しかし、年を取るとその選択ができなくなってしまう。

❷ 男性の音声のみ = 少し聞き取れたが、こもった感じで聞き取れない。

➡ こもったように聞こえるのも高齢者の特徴(老人性難聴の特徴)

年と共に高い音から聞き取りにくくなる。

あ・い・う・え・お ➡ 母音は 低音なので比較的 聞き取りやすい。

ず・ま・ば・
ぱ・は・が・ち・し ➡ 子音は 高い音が多く 中でも、さ行・か行・ぱ行
か・さ・た       は行・た行 は聞き取りにくい。

❸ 加工していない音声  =  きれいに聞き取れます。

若い時には、このようにはっきり聞き取れていたものが、年を取ると・・・

● 雑音との聞き分け

● 子音の聞き取り低下 ➡ 聞き取れなくなる。

🌟 老人性難聴の予防&改善に多い役立つのが 聴覚ネットワーク

<例文>
小学校の運動会は次の火曜日ですよ

キーワード ➡ 小学校・運動会・火曜日

■ 山岨達也 先生
「人が会話しているとき 100%全ての音声を聞き取っている訳ではありません。

会話の時に 重要なキーワードを取り出しています。

このキーワードを取り出すことを類推(るいすい)といい 一つの大事な働きです」

※ 類推とは?
例えば、「#ぁようびですよ」と聞こえてたとしても、音に対する神経がカバーし合って「かようびですよ」と正しい答えを出してくれる。

➡ これが、脳内の 聴覚ネットワーク

 

聴覚ネットワークを鍛える方法とは?

山岨先生おすすめ!【聴覚筋トレ】

■ 山岨達也 先生
「大事なのは 類推する聞き取りを鍛える事」

聴覚筋トレ ポイント

音の響きが似た言葉を書き、1人が読み上げもう1人が復唱する。
(いち・しち・ちち ・きち など)

聴覚筋トレ ポイント

口の動きで推測できないように、背後から出題する。

音に集中し、聴覚ネットワークを鍛えましょう!

✳ お年寄りに話しかける時の要注意点

🌟 声が聞こえていないわけではないので、耳元で大声で話しかけると耳を傷めてしまう。

自分の口元が見えるように、ゆっくりと丁寧に正面から話す。

 

耳鳴り

多くの人が経験したことのある 耳鳴り

現在、耳鳴りに悩む人が全国でおよそ1000万人とも言われています。

 

耳鳴りの正体と改善方法!

■ 山岨達也 先生
「耳鳴りは 実際に鳴っている音が聞こえるのではなくて、頭の中で何か音が聞こえるというのが 耳鳴りです。

キーンという音の耳鳴りは 普通の人でも感じることがあります。

難聴のある人が 耳鳴りを感じやすいと言われています」

耳鳴りに悩む人は、実は老人性難聴が原因である場合が多いんです。

音が聞き取り辛くなると、脳は聞こえなくなった音を必死に聞こうと興奮状態。

その結果、脳内の様々な電気信号を 音として感知してしまい 耳鳴りがしてしまいます。

耳鳴りの正体は、脳が作り出した音。

脳の神経が異常に興奮して感じていると考えられています。

ひどくなると 睡眠障害になったり、精神的に追い詰められうつになったりと、実は大きなリスクがある耳鳴り。

かつては 治療法がなく、気にしないように言われていました。

難聴がある場合には、良い治療法があります。

それは 補聴器です。

 

耳鳴りと補聴器の関係とは?

■ 山岨達也 先生
「難聴で聞こえが悪い人に 補聴器を使うと 聞こえも良くなります。

聞こえが良くなるとによって 周りの色々な音が入ってくる事で、耳鳴りを抑える事ができると考えられています」

聞こえない音を聞こうとして、脳が興奮し耳鳴りが起きていたので、あえて 聞かせてあげることで 興奮した脳を落ち着かせるという方法。

こんなことが出来るのも、デジタル化による補聴器のめざましい進歩によるもの。

使用者の難聴の度合いに合わせて、聞こえない音域だけを増幅することが可能になりました。

 

補聴器で耳鳴りが改善

■ 栗原さん(68歳)女性
「4~5年前でしょうか…耳鳴りって 最初分からなかったんですけれど、本が好きで 暇な時 よく読むんですけれど、耳鳴りの音の方に集中して、本を読んでいても 内容が頭に入らなかった。

1年前に 補聴器を付け始めたころ・・・

すっごく良くなったんですよ!

集中 出来るっていうんでしょうかね…「耳鳴り私 ないわよ!」って言えるかもしれないですね

✳ 補聴器相談医(全国に約4000人)

補聴器のタイプや調整具合を診断し、認定補聴器専門店を紹介してもらえる

補聴器を購入する際は、補聴器相談医がいる病院を受診し、認定補聴器専門店を紹介してもらいましょう!




ひとこと

今まで少し勘違いしていました。

老人性難聴は、耳が遠くなるんだけれど 単純に音が聞こえないわけではなく、脳で類推することが衰えているということもあるということなんですね。

父が難聴で、いつも電話で話す時がとっても大変なんです。

話がうまく伝わらなくて、会話が成り立たなかったり…。

また、会った時も聞こえないと思って、耳元で大きな声で話していました💦

気を付けないといけませんね…反省。

今度、聴覚ネットワークの聴覚筋トレを薦めてみます(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉が来た!超便利対策グッズ&抗体治療 TV「す・またん!」で紹介

2月17日(水)の日本テレビ系「す・またん!」で、”使いやすさ”重視! 進化を続ける花粉対策。「ウ

記事を読む

117818

腰痛が改善!“寝相の良い人が腰痛になる” 寝返りの回数と腰痛との関係【ガッテン】

NHK「ガッテン」テーマは “腰痛”。今年の8月にすごい論文が発表されました。 その 東京大学

記事を読む

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

【リスクチェック】“心筋梗塞×脳梗塞・がん”10年以内に発症する確率がネットで簡単にわかる!?

6/3・NHK「あさイチ」「リスクチェック 心筋梗塞・がん」/国立がん研究センターと藤田保健衛生大学

記事を読む

65af5611708e6e2c2f3a5a5d2d273015_s

“冬の風邪予防対策” 意外な食事療法×寒さ&乾燥の冬「のど」ケアを紹介

NHK「あさイチ」情報。歌手のMay J.さんと氷川きよしさんの風邪予防法が紹介。 風邪を引く

記事を読む

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s

“腹筋女子”が増えている!女性が腹筋を鍛えるワケは?

先月 きゃりーぱみゅぱみゅさん(23)が、インターネット上に投稿した1枚の写真(ツイッター)の美しい

記事を読む

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s

紫外線の真実!シミを防ぐ紫外線対策&隠れジミを減らす飲み物!「世界一受けたい授業」5/7

シミ・しわ・皮膚がんの原因になる『紫外線』は、4月・5月ごろになると一気に増えるんです。 太陽

記事を読む

daa4b1f125b5a221b1bc88564641c3cb_s

集中力UP・認知症予防に最適!!「お手玉」NHK”あさイチ”で紹介!

NHK”あさイチ”の小豆特集で、小豆を使ったある物を使うことで、脳を活性化出来ると紹介されていました

記事を読む

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」NHK”ためしてガッテン”

1/20・NHK「ためしてガッテン」は、女性が一番気になる”シミ”の最新情報 満載の特集でしたので

記事を読む

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s

【トマト&フルーツトマト】栄養効果アップの食べ合わせ×苦手な人でも食べれるトマト!

6/5・健康カプセル「元気の時間」で、10万人の医師専用のコミュニティサイトのアンケートで、医者が食

記事を読む

089704

“はしか”対策!初期症状が風邪に似てる!?注意 【あさイチ】情報

NHK【あさイチ】9/14日は、はしか対策決定版!/ 今ニュースでよく取り上げられている「はしか」。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑