*

“らっきょう”漬けいろいろ!塩漬け×甘酢漬け×ハチミツ漬け×梅酢漬け×みそ漬け

公開日: : 最終更新日:2017/04/11 食情報(お店・食品・料理)

【らっきょう】日本では、主に塩漬け、甘酢漬けで食べることが多く、市販されるほとんどの品は甘酢漬けです。

カレーライスの付け合せ(薬味)として、福神漬けとならんでポピュラーな存在です。

薬効効果も高く、アリル硫化物が消化を助けるほか、ポークカレーの豚肉に含まれるビタミンB1の吸収に役立つといわれています。

スポンサーリンク

 

らっきょう

✳ アリル硫化物とは?

硫化(りゅうか)アリルのことで、ニンニクや玉ねぎといったユリ科の植物に含まれる成分です。

玉ねぎを切ると目が痛くなったりしますが、これは揮発(きはつ・・通常の温度で液体が気体となって蒸発すること)した硫化アリルが粘膜(ねんまく)を刺激するためにおきます。

✳ ~特徴~

中国、ヒマラヤ地方が原産で、白色・紫色を帯びた白色の鱗茎(りんけい・・玉ねぎのように短縮茎に葉が重なり合い層状になってるもの)を食用とする。

特有の強い匂いと辛味を持っています。

この匂いは、ニンニクやニラと同じアリル硫化物です。

✳ ~効能~

血液さらさら効果や血糖値の上昇をなだらかにしてくれるなどの効果のほかにも、食物繊維が豊富なため整腸作用があります。

また、疲労回復の働きがあるビタミンB1の働きを高める効果があるので、ビタミンB1を多く含む豚肉と一緒に食べるとより効果的です。

✳ ~注意~

体に良いからと大量に食べると、硫化アリルが消化液の分泌を過剰にしてしまい、胃腸の調子を崩してしまいますので、食べ過ぎることのないよう注意しましょう。(目安は1日4粒程度)

 

らっきょう漬け

🌟 塩漬けが基本で、いろいろな漬け方をするとお酒のさかなやお茶うけにとっても重宝です。



 

基本の【塩漬け】

✳【材料】

◎ らっきょう ・・・2kg(泥つき)

◎ 塩 ・・・・・・・200g

◎ 赤トウガラシ・・・4本

◎ 酢 ・・・・・・・カップ1

✳【漬け方】

❶ らっきょうは泥つきを買い求め、まずは水でざっと洗って泥を落とします。

買い求めたその日のうちに処理することが大切です。

❷ さらにタワシなどでこすりながら泥を丁寧に落とし、きれいに水洗いします。

すりばちの中で洗うと滑らずに扱いやすいです。

❸ ざるにあげて水をきり、根つきと茎の方を浅く切りそろえる。

先に両端を切っておくと薄皮が取りやすくなります。

❹ 再びすりばちにもどし、水を取り替えながら浮いてくる薄皮を流して洗い、きれいに取り除けたらざるにあげて水気をきる。

❺ らっきょうに塩をまぶしながら漬け容器に入れ、赤トウガラシもちぎって加える。

3回くらいに分けて入れると作業が楽です。

❻ 水カップ2と酢カップ1を容器に注ぎ入れる。

この漬け汁は水と酢の割合が2対1で、らっきょうにひたひたになる程度がよいです。

❼ 押しぶたをし、らっきょうの1~1.5の重さの重石をのせる。

押しぶたは木製がよいが、容器よりひと回り小さい皿で代用できます。

❽ 厚手の紙でおおい、ひもで縛って2週間くらい漬け込む。

翌日からときどき様子を見て上下を返し、塩がよくとけるようにする。

🌟 1年以上保存できる。

 

【ハチミツ漬け】

✳【材料】

◎ 塩漬けらっきょう ・・・適宜

◎ ハチミツ ・・・・・・・適宜

✳【漬け方】

🌟 塩漬けらっきょうは水カップ3に酢大さじ2~3、塩小さじ1を入れた中に加え、30分~1時間おいて塩抜きし、ざるにあげて1時間ほど陰干しにする。

❶ 塩漬けしたらっきょうを塩抜きして陰干しが出来たら、ぴっちりとふたのできる保存ビンに入れます。

❷ らっきょうをビンに入れたらハチミツをひたひたくらいまで注ぎ入れる。

密封して10日以上おくと甘みがしみて食べられます。

 

【甘酢漬け】

✳【材料】

◎ 塩漬けらっきょう ・・1kg

◎ 酢 ・・・・カップ2

◎ 砂糖 ・・・カップ1~2

◎ みりん ・・カップ1/2

◎ 赤トウガラシ・・・2~3本

✳【漬け方】

🌟 塩漬けらっきょうは水カップ3に酢大さじ2~3、塩小さじ1を入れた中に加え、30分~1時間おいて塩抜きし、ざるにあげて1時間ほど陰干しにする。

❶ 鍋に分量の酢・砂糖・みりんを合わせ、赤トウガラシも加えてひと煮たちさせてさまし、甘酢を作ります。

❷ 密閉容器に塩抜き、陰干しした塩漬けらっきょうを入れ、十分にさました甘酢を注ぎ入れふたをして漬ける、10日以上おくと味がなじんで食べれます。

 

【梅漬け】

✳【材料】

◎ 塩らっきょう・・・500g

◎ 合わせ酢

● 酢 ・・・・カップ1/2~2/3

● 砂糖 ・・・カップ1/2~2/3

● 水 ・・・・カップ1/3

◎ 梅赤酢 ・・カップ1/2

◎ 赤じそ漬け ・・・適宜

✳【漬け方】

🌟 塩漬けらっきょうは水カップ3に酢大さじ2~3、塩小さじ1を入れた中に加え、30分~1時間おいて塩抜きし、ざるにあげて1時間ほど陰干しにする。

❶ 赤じそ漬けを加えた梅赤酢に酢、砂糖・水を加えて漬け汁を作る。

砂糖の量は好みで加減するとよいです。

❷ 塩抜きしたらっきょうを混ぜ入れて冷蔵庫で保存する。

2週間くらいでらっきょうが美しく染まったら食べられます。

 

【みそ漬け】

✳【材料】

◎ 塩漬けらっきょう ・・500g

◎ みそ ・・・500g

◎ 酒 ・・・・カップ1/4

◎ みりん ・・カップ1/4

◎ 砂糖 ・・・少々

✳【漬け方】

🌟 塩漬けらっきょうは水カップ3に酢大さじ2~3、塩小さじ1を入れた中に加え、30分~1時間おいて塩抜きし、ざるにあげて1時間ほど陰干しにする。

❶ 分量のみそに酒とみりんを加えてゆるめにのばしてみそ床を作る。

好みで砂糖を加えてもよく、らっきょうを混ぜ込んで漬け容器にぴっちりと移し替える。

❷ 塩分が少なくカビやすいので、縁まわりをきれいにして冷蔵庫で保存する。

2週間くらいで食べられます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加    
  •    

関連記事

fa97dc03deb38494f3598701848c06cb_s

京都でヴィ―ガン料理が続々!ヴィ―ガンとベジタリアンの違いは何?

海外に広まるヴィ―ガン料理が京都に続々! ヴィ―ガン料理って知らない人も多いと思いますが、原材

記事を読む

76f73d04d4bed11d828e88b141b5fb7e_s

家で簡単にお店レベルの激ウマ“おでん”を作る “ひと手間”をプロから伝授!

冬にかかせないお料理と言えば“おでん”。でも 家庭で作るとなぜか、おでん屋さんで食べるほど美味しくな

記事を読む

d28cef6118a494329113fc4c6f170fea_s

これぞ関西!食べ放題お得情報&ヒールで割引!?割引の条件とは?

サービス大国日本、その中でも関西は珍サービス店の宝庫と言われています。 食べ放題なのに、この値

記事を読む

ba3c94fa64bd06b8348faa221eeb94e1_s

グルメ缶詰が激売れ!美味しさの秘密と売れている激うま缶詰ランキングベスト5!

朝のお料理作りは 時間に追われ大変ですよね。そんな時に便利なのが缶詰食品。 でも、缶詰は美味し

記事を読む

5604a2f1d2687ba3dc302d33f8d011f3_s

いま話題のパリ新感覚ケーキ!「ガトー・インビジブル」とは?作り方は?

今年 注目の新スイーツ “見えないケ-キ”って? ガトー・インビジブルという フランス生まれの

記事を読む

419b865ed76dcade26627305f245febb_s

ダイエット&美容効果も期待!“甘酒”が女性に人気急上昇!

甘酒が密かなブーム!?女性に人気のワケは? 甘酒は 発酵食品で体に良いだけでなく、ダイエットや

記事を読む

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

油なのに健康!広がる高機能性オイル・話題の「オイルおにぎり」本&レシピ紹介

先月、京都四条烏丸にオープンした“OIL&VINEGAR”というお店は、オリーブ オイルを中心に果

記事を読む

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

【大阪】秋の“ホテル食べ放題”おすすめのホテル最新情報!

【バイキング/ブッフェ】実りの秋は美味しいものがいっぱい! 好きなものを食べられて、心まで満た

記事を読む

b22ec8a941ef7a2ca3f62455ae586232_s

海外で大人気!万能調味料“シラチャーソース”が 関西にも上陸!どんなソースなの?

ブレーク間近と言われている調味料が、“シラチャーソース”ですが 聞いたことはありますか? 街で

記事を読む

09b7bca07ff05ed2f5b428450bc8031a_s

世界初!ふくらむ魔法の冷凍パン×美味しい保存食ベスト3

震災以降 注目を集めているのが保存食。 また アウトドアブームもあり近年売り上げが急上昇、味も劇的

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
    
   

  • はじめまして、Azuki(あずき)です。
    名古屋生まれ、福岡育ち、現在 大阪在住のパン屋さんで働く主婦です。詳しいプロフィールは左上の「KININARU1616」を見てね(^^♪
PAGE TOP ↑